HOME ロイヤルアッシャー詳細

ロイヤルの称号を授けられた、唯一無二のダイヤモンドジュエラー

1854年、オランダ・アムステルダムにて創業し、
名門ダイヤモンドジュエラーとして ダイヤモンドの輝きと美しさを追求し続けてきました。

CULLINAN

世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」をカット

1905年に南アフリカで世界最大のダイヤモンド原石「カリナン(3,106ct)」が発見され、英国国王・エドワードVII世に献上されました。
当時、世界一のカット職人と呼ばれていたジョセフ・アッシャーは「カリナン」のカットを託され、見事「カリナン」のカットに成功。9個の大きなダイヤモンドと複数の小さなダイヤモンドに姿を変えた「カリナン」のうち、もっとも大きな「カリナンI世」は英国王室の王笏に、二番目に大きな「カリナンII世」は大英帝国王冠に飾られ、今もなお、英国王室の至宝としてロンドン塔の「クラウン・ジュエル」に展示され、その高貴な輝きは、訪れる世界中の人々を魅了しています。

TITLE OF ROYAL

オランダ王室から授けられた「ロイヤル」の称号

「カリナン」のカットに代表される偉業を成し遂げるとともに、 ダイヤモンド業界のリーダー的役割を担ってきたロイヤル・アッシャー社。 その功績と信頼に対して、1980年にオランダ王室から「ロイヤル」の称号を授けられました。
この「ロイヤル」という言葉はオランダでは非常に格式の高い言葉であり、 その業界を代表する会社にオランダ王室から授与される称号となります。 ロイヤル・アッシャー社は2011年にもオランダ王室より「ロイヤル」の称号を再び授与され、 ダイヤモンド業界のリーディング・カンパニーであることが改めて世界に知られることとなりました。

DIAMOND CUTTER

ダイヤモンド・カッターとしての軌跡

ロイヤル・アッシャー社は創業以来165年以上にわたり、ダイヤモンドをカット・研磨する会社として歴史を刻んできました。
現在、世界中で流通しているメジャーなカット、トリリアント・カット、アッシャー・カット(スクエア・エメラルド・カット)は、ロイヤル・アッシャー社が開発してきたものであり、今世紀に入り、オリジナルのカットであるロイヤル・アッシャー・カットやロイヤル・アッシャー・ブリリアントカットを開発するなど「ダイヤモンド・カッターズ・ブランド」の名にふさわしい功績を積み重ねてきました。

GOLDEN BOOK

歴史を物語る来賓者名簿

ロイヤル・アッシャー社には「ゴールデンブック」と呼ばれる 来賓者名簿が大切に保管されています。 これは、世界の王室や各国首脳などの国賓が、 ロイヤル・アッシャー社を訪問された際にご署名いただくものです。 エリザベスII世女王陛下をはじめ、世界各国のVIPの名が連ねられた「ゴールデンブック」は ロイヤル・アッシャー社が刻んできた 歴史の重さを物語る輝かしい記録です。

CRAFTSMANSHIP

クラウンマークへの誇り

ダイヤモンドをセッティングする爪は、形、大きさ、対称性に細心の注意を払い石座の細部まで丁寧に磨き上げられています。リングには、適度な厚みを持たせ、洗練されたフォルムと強度を両立。内面と側面を熟練の技で磨き上げることによって、なめらかな指通りと心地よいフィット感を実現しています。

鑑識眼豊かなエキスパートによる厳しい検査を経て、ジュエリーとしての美しさと着け心地の良さを満たした証として、クラウンマークが刻印されます。

ダイヤモンド・カッターとしての軌跡

ロイヤル・アッシャー社は創業以来165年以上にわたり、
ダイヤモンドをカット・研磨する会社として歴史を刻んできました。
現在、世界中で流通しているメジャーなカット、
トリリアント・カット、アッシャー・カット(スクエア・エメラルド・カット)は、ロイヤル・アッシャー社が開発してきたものであり、
今世紀に入り、オリジナルのカットであるロイヤル・アッシャー・カットやロイヤル・アッシャー・ブリリアントカットを開発するなど「ダイヤモンド・カッターズ・ブランド」の名にふさわしい功績を積み重ねてきました。

/